my garden* 子供たちが遊ぶ庭

雑木と宿根草、芝生の庭です。野菜コーナーも。子供達とのささやかな庭時間を綴ります。

半日陰でも明るく!ヤマボウシ ウルフアイ

斑入りのヤマボウシ ウルフアイ

 

半日陰の場所でもなるべく暗くならないように、明るい色の葉の植栽を
心がけました。

朝日は当たりにくく、午後は日陰になる場所。
夏場なんかは涼しくて過ごすには良いけれど、濃い色の木を並べるとどうしても暗い印象になってしまうので。何にも植えなきゃいいじゃんと思うかもしれませんが、人の出入りがある敷地に面しているので、多少目隠しをしないと落ち着かないし。

まあ樹木が好きなので木に囲まれたいという単純な気持ちが一番。

もし前面が見晴らしの良い丘とかの景色ならそのままで良いんだけどな。
とにかく庭は木がたくさん ( ´ ▽ ` )

 

f:id:gardentime:20170615101751j:plain

斑入りの木を並べた一角。
銀青色のコニファーも美しい色合いの木です。
深緑色の照葉の常緑樹はよく目隠しにも使われますが 敢えて避けました。
そして自由に咲くオルレアも明るさに一役。時間差であとからあとから 
咲き続けてくれています。

陽があたっている時間↓

f:id:gardentime:20170615101754j:plain

斑入りの葉は特に明るくて爽やかな印象です。
真ん中の木がヤマボウシの斑入りの種類 ウルフアイ(落葉樹)
右隣が斑入りネズミモチ トリカラー(半耐寒性常緑樹)

 

f:id:gardentime:20170615101757j:plain
ウルフアイの葉

植木屋さんにあって珍しかったので、調べたらヤマボウシの仲間だと知りました。
一見 ヤマボウシっぽくはないので分かりませんでした。
葉っぱの縁が白く、緑も明るいです。紅葉は全体にピンクがかります。

葉が波打っているのが特徴ですね。
強い日があたっていると、よりウネウネするらしいです。
ちょっと変わっていておもしろく、ボリュームもあるので 結構存在感がある木だと
思います。

 

f:id:gardentime:20170615112336j:plain
トリカラーの葉 白・緑・赤(新芽)の三色が楽しめる

トリカラーはもう少し落ち着いた黄緑色にクリーム色の斑が入り、葉の質感も硬いです。難点は、なぜか葉がくるくると丸まってしまう病気か虫か分からない症状が出てしまう事。それ以外は刈り込んでも大丈夫だし色も綺麗なのですが…。

 

それから最初の写真に入りきれませんでしたが左側に
斑入りマートル (ギンバイカ)です

f:id:gardentime:20170615101753j:plain

成長はゆっくりです。ヨーロッパでは祝いの木とされ、とても縁起の良い木だそう。

 足元の植物も斑入りを。ギボウシや斑入りツルニチソウ。
カラーリーフのグランドカバーとしても良いし、青い花が咲くのも素敵です ♪ 

f:id:gardentime:20170615101755j:plain 

f:id:gardentime:20170615101756j:plain

こんな感じでウルフアイを筆頭にちょっと(斑入り)を意識して植栽して、日が陰っている時間も明るい雰囲気にする事が出来たかなと思ってます☆