My Garden* Time

子供たちが遊ぶ庭です。雑木と宿根草、芝生。野菜コーナーも。ささやかな庭時間を綴ります。

我が家の頼れる昆虫係り☆

 昆虫大好き次男と苦手なママ

まだ冬のうちから、「あー早くトンボ捕まえたい」
という程、虫好きな次男6歳。

詳しく調べるというより、捕まえる事が楽しくて、
虫捕り網を手に、毎日、バッタや蝶など色んな生き物を収集してます。

公園では何時間も虫捕りした挙句に「あと10匹捕まえないと帰らない」とか言うのでなかなか帰れません。 
お兄ちゃんからは、ファーブルだね!と言われてます。 

f:id:gardentime:20170629005027j:plain

庭にも、色々な虫が住んでいます。
ガーデニングしてるのに、私は虫がとっても苦手で( ̄▽ ̄) 
蝶々やトンボなら見るだけは大丈夫。 
毛虫、イモムシ、泣きたくなります。ミミズ、トカゲ、触れないなぁ。

この土地に来て庭で初めてスズメバチを目撃したときは、信じられないくらい大きく
みえて恐ろしかった…笑 スズメバチってもっと山の方にいるもんだと思ってた。
なんで庭に飛んでるの(涙)って。至近距離で出くわしてからびびってます。

子供が間違えて刺されると大変なので、アシナガバチスズメバチがいたら
そーっと静かに離れてと教えたり、気をつけています。

 

男の子ってみんな虫好きなのか?

そんな事もないみたい。
兄弟でも温度差があり、興味もそれぞれ。
周りの話を聞いても、そこまでは執着してない感じ。次男はおやつよりも虫探し。

f:id:gardentime:20170629012920j:plain

昆虫係り活躍中☆

この前、バラゴマダラカミキリムシがついているのを、子供が発見。

そんな時は!!

よーし次男!まかせたよ。がんばれ。

しかも2匹。そして更にもう1匹。ママは後ろから応援しました!(>_<)
無事、捕獲成功~。ありがとう~✽

 

そう、庭の虫で困った時は、頼もしい助っ人です。

虫好きな男の子で良かったわぁと心底思う瞬間。

 

でも、捕まえたカミキリムシを、かわいいから飼いたいと…(きゃー)
お花や木が食べられて枯れちゃうからと、
車で離れた場所に移動し、逃がしてきてもらいました。

 

毛虫の対処などは、パパに頼れる土日まで待てないので、
もうゾワゾワ我慢しながらママ一人で頑張るしかないです。

庭をやるようになって我ながら強くなったなと (^^;
でも踏みつける事は度胸がないのでどうしても出来ません。

生き物観察しています☆ 

 生き物を世話する経験はプラスになると思うので、飼える範囲でOKします。
(ごめんねカミキリムシはNG!)

毎年恒例、今年もカブトムシを貰ったので可愛いがっています。

f:id:gardentime:20170629004958j:plain

カブトムシと遊ぶ。とにかく夢中。

 子供が興味あるものは、なるべく付き合うようにして一緒に道具を揃えたり世話の手伝いをします。

自分は犬やネコを部屋で飼っていたので、そのうちペットがいいなと思っているのですが、今は子供たちと魚など小さな生き物を飼育中。

ザリガニの赤ちゃんは一番大きかった1匹だけ生き残り、3cm程まで育ちました。
ザリガニの世界って厳しいんだね。 

 

てんとう虫 セミ トンボの羽化

 少し前には、てんとう虫の幼虫を10匹くらい捕まえて来て、羽化させました。
蛹になるまで、庭のアブラムシをとってあげていました。

f:id:gardentime:20170629010730j:plain

下の方に幼虫がいます

 そういえば去年は、セミの幼虫を部屋の観葉植物にとまらせて、羽化を観察しました。

捕まえたヤゴも、飼育ケースでトンボになるのを見届けましたね。
これは私も初めてでした。ゆっくり少しずつ羽を伸ばす様子に兄弟一緒にみんな感動!

ぜんぶ次男が捕まえてきたのです。

 

こういう体験も子供にとってすごく良い事だと思います。

映像だけでなく、実際に目で見る事が。  

 

そんな次男の待ちに待った輝く昆虫の季節到来~といった感じです。 

自然の中で存分に楽しんで欲しいと思います。

(でも毒のある虫には気をつけなきゃね!)